妊娠中だけではない!若い女性は葉酸を意識的に摂取すべき

妊娠中の女性が葉酸を摂取する必要があるという事実は、少なくとも現在妊娠中の女性張本人は、すでに認識しているケースが多いようです。妊娠中の女性の葉酸摂取量が不足すると、生まれてくる赤ちゃんの先天性疾患のリスクが飛躍的に上昇してしまいます。

葉酸を摂取することで、お母さんにとって最悪な事態を回避することができる可能性が高まるわけですから、これからお母さんになる妊娠中の女性が葉酸摂取に意識を向けるのは当然のことです。

しかし逆に、それが妊娠中ではない女性の葉酸に対する認識を誤ったものにしてしまっている側面もあるのです。特に若い女性は、葉酸は妊娠してから摂取すればよいものだと誤認しやすいと考えられます。

若い女性にとってはけっこうニガテになる食材にも葉酸が豊富に含まれていますので、できることならキライな食べ物は食べたくないという意識も働いているのかもしれません。そんなことはないのです。これから妊娠を控える若い女性にとっても、葉酸摂取は非常に重要です。

食材に頼らないで葉酸サプリメントを摂取するという考え方

葉酸を含む食材は豊富ですが、それでも女性にとって不足しがちなのが葉酸です。その上、葉酸を含む食材がニガテということになると、そのリスクはさらに高まります。早いうちから葉酸を摂取しておかないと、いざ妊娠ということになってからでは遅すぎる危険性もあるのです。

そんなときには、若いうちから葉酸サプリメントを摂取することで、慢性的な葉酸不足が解消されます。逆に若いうちから葉酸サプリメントなどでしっかりと葉酸摂取を継続していれば、いざ妊娠となったときにも、そのサプリメントの摂取量を少し増やすといった簡単な対処でOKなのです。

ニガテな食材から無理に葉酸を摂取するよりも、今では葉酸以外の有効な栄養素を摂取できるものもある葉酸サプリメントをはじめから摂取するという考え方も、大いに支持されるべきなのです。

Copyright © 葉酸サプリって効果あるの?ママの妊活ライフ. All rights reserved.